【森保ジャパン】久保建 代表初ゴールはお預けも絶妙パス

2020年11月18日 11時00分

後半27分から出場した久保建(ロイター)

【オーストリア・グラーツ17日(日本時間18日)発】森保ジャパンが国際親善試合メキシコ戦で0―2の完敗を喫した。今年最後の代表戦で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング11位と格上の相手に挑んだ27位の日本だが、課題の決定力不足を改めて露呈し、自慢の堅守もあっさり崩壊。W杯常連の強豪国に力の違いを見せつけられ、来年に再開される2022年カタールW杯アジア予選へ向けて不安を残した。

 またも代表初ゴールはお預けとなった。ベンチスタートの久保建英(19=マジョルカ)は後半27分に投入されると、32分にDF2人の間を通す絶妙なパスをMF鎌田大地(24=Eフランクフルト)に入れ、好機を演出。40分にはFKのチャンスでキッカーを務め、DF酒井宏樹(30=マルセイユ)の頭に合わせた。シュートは枠を捉えなかったものの、見せ場をつくった。

 先発した13日のパナマ戦では、南野の決勝ゴールを演出し「やり続けることが大事かな」と発言したように、日本代表でも着実にステップアップしているが、所属するスペイン1部ビリャレアルでの先行きは不透明だ。

 今季初参戦となった欧州リーグ(EL)では3試合連続スタメンと出場機会を得ているものの、リーグ戦では先発1試合とベンチを温める日々が続く。しかも負傷離脱していたエースのスペイン代表FWジェラール・モレノ(28)が復帰し、今後は出番が減りかねないとなれば、日本代表の選出にも影響しかねない。

 特に森保一監督(52)は、10月の活動で久保の体力面を課題に挙げていただけにクラブでの出場機会増は欠かせないところ。今後ビリャレアルでの処遇が注目される。