【森保ジャパン】FW鈴木武蔵が得点宣言「勝利につながるゴールを」

2020年11月16日 19時50分

オンライン会見を行った鈴木武蔵

 日本代表FW鈴木武蔵(26=ベールスホット)が16日、オンライン取材に応じ、17日(日本時間18日)のメキシコ戦への意気込みを語った。

 FIFAランキング11位のメキシコは、W杯7大会連続で決勝トーナメントに進出している強豪。14日(日本時間15日)の韓国戦ではわずか4分間で3点を奪う猛攻を見せ、3―2で勝利を収めた。

 メキシコの印象について鈴木は「ビッグクラブでプレーしている選手はそんなに多くないと思うが、本当に力があって、技術も高い」と警戒。その上で「必ずスキは出てくると思うので、そこをうまく突いて勝利につながるゴールを決められたらと思う」と決意を述べた。

 また、メキシコには鈴木が将来的にプレーを熱望するイングランド・プレミアリーグで活躍するFWラウル・ヒメネス(29=ウルバーハンプトン)がいる。「韓国との試合を見ていても、シュート数やゴール前でのチャンスメークもすごく多かった。そういう選手はどんな試合でも点を取れそうなところを分かっている。試合をしてみて何か感じるものがあると思うので楽しみ」と対決に期待を寄せた。