日本と対戦予定のメキシコが韓国に勝利

2020年11月15日 13時34分

 選手4人が新型コロナウイルスに感染した韓国代表は14日(日本時間15日)にオーストリアでメキシコ代表と対戦。2―3で逆転負けを喫した。

 序盤からメキシコペースで試合が進んだが、韓国はワンチャンスを確実に生かした。前半20分、FWソン・フンミン(28=トットナム)が左サイドからクロスを供給。J1G大阪でもプレー経験のあるFWファン・ウィジョ(28=ボルドー)が右足で合わせ、先制に成功。韓国が1点リードで前半を折り返す。

 しかし、メキシコも反撃に出る。後半22分にFWラウル・ヒメネス(29=ウルバーハンプトン)のゴールで試合を振り出しに戻すと、同24分にMFウリエル・アントゥナ(23=グアダラハラ)のダイレクトシュートで逆転。同25分には、セットプレーからカルロス・サルセド(27=ティグレス)がボレーシュート。わずか4分間で3得点を奪う猛攻を見せた。

 韓国は、同42分にこぼれ球をMFクォン・ギョンウォン(28=尚州尚武)が押し込んで1点を返すも、反撃はここまで。シーソーゲームを制することはできなかった。

 韓国は17日(日本時間18日)にカタール代表と、メキシコは同日に日本代表と対戦する予定となっている。