【森保ジャパン】ビーレフェルト堂安がオーストリア遠征不参加 クラブ側がコロナ禍理由に派遣拒否

2020年11月07日 12時20分

堂安律

 日本サッカー協会は7日、ドイツ1部ビーレフェルトのMF堂安律(22)が、クラブ事情により日本代表のオーストリア遠征(13日=パナマ戦、17日=メキシコ戦)に不参加となったと発表した。

 クラブ側は、5日に公式サイトで「新型コロナウイルスの影響でFIFA(国際サッカー連盟)の規定が変更となり、国外のリスク地域へ派遣する義務はない」とし、堂安ら所属する選手5人の代表参加を認めない方針を明らかにしていた。

 すでに同1部ブレーメンは、FW大迫勇也(30)の派遣を拒否して招集外。同2部ハノーバーのケナン・コカク監督(39)もMF原口元気(29)とDF室屋成(26)の日本代表派遣に難色を示してる。

 今回の代表メンバーには、同1部シュツットガルトのMF遠藤航(27)と同1部Eフランクフルトの鎌田大地(24)も招集されているだけに、この流れがさらに拡大しないことを祈るばかりだ。