【なでしこ】DF鮫島彩「世界の強豪に勝つために、声かけは昔以上に必要」

2020年10月22日 20時35分

オンライン取材に応じたDF鮫島

 なでしこジャパンのDF鮫島彩(33)が、声かけの重要性を説いた。

 なでしこジャパン候補合宿(19~26日、福島・Jヴィレッジ)に参加中の鮫島は22日、オンラインで取材に対応し、「世界の強豪に勝つためのところにベクトルを向けた時に、声かけなしにボールは簡単に取れない。そういう細かい部分にもっと自分たちが着目していかないと、勝負どころでは勝てないと思う。自分は守備の人間なので特に意識している」と力説した。

 ディテールにこだわる重要性は若手のころに痛感させれられたという。「今までのなでしこの先輩たちもここまで細かいところを確認していくのだと、若い時に刺激を受けて学んできた部分が多い。世界の女子サッカーのレベルは、あのころよりも上がっていることを考えても自分たちが細かいところを考えていくのは昔以上に必要だと思っている」と語った。