DF板倉滉がコートジボワール戦へ気合「いつ出番がきてもいいように」

2020年10月10日 19時57分

次戦に向けて気合十分の板倉滉

 サッカー日本代表DF板倉滉(23=フローニンゲン)が出場機会に飢えている。

 0―0と引き分けに終わった9日のカメルーン戦は不出場。10日のオンライン会見では、ベンチから試合を見る中で「昨日は出場できなかったが、久々に代表の活動に来て気持ちは高ぶっている。昨日の試合を見て、(試合に)出たいという気持ちは強い。次どうなるかは分からないが、いつ出番が来てもいいような準備をしたい」と意気込みを示した。

 センターバック(CB)とボランチをこなす器用な選手なだけに、どのポジションでも試合に出る覚悟は出来ているといい「自分の中でどのポジションで勝負したいという気持ちはあるが(森保)監督に『ここで』と言われた場所で力を発揮することが一番。どっちでもいける準備をしないといけない」と気合は十分だ。

 東京五輪での活躍が期待されるものの、今はA代表が最優先だ。「A代表で得るもの、感じるものは大きい。自分としてはA代表で試合に出ることしか考えていない。それをすることで東京五輪にもプラスになる」と目をぎらつかせる。

 13日のコートジボワール戦では、フラストレーションを晴らすことができるか注目だ。