【日本代表・カメルーン戦】フル出場のMF中山雄太 手応えも反省「マイボールの時間をもっと増やせるように」

2020年10月10日 00時59分

カメルーン戦後にオンラインで取材に応じる中山

 日本代表MF中山雄太(23=ズウォレ)が、国際親善試合カメルーン戦(9日、オランダ・ユトレヒト)に守備的MFとしてフル出場した。

 この日が国際Aマッチ2試合目の出場だったが、激しいプレスなど持ち味の守備力を発揮し、時にはミドルシュートを狙うなど積極的なプレーを披露。

 中山は「守備のところでアグレッシブな部分は通用する手応えがあったが、攻撃のところでマイボールの時間をもっと増やせるようにしたい」と振り返った。