カメルーン代表 日本戦へ意気込み「特に若手選手に機会を与えたい」

2020年10月08日 21時30分

オンライン会見に応じたカメルーンのコンセイソン監督

 サッカー・カメルーン代表のトニ・コンセイソン監督(58)が8日、9日の日本戦を前にオンライン上で取材に応じ、意気込みを語った。

 指揮官は「日本代表と試合ができて非常に光栄。日本は非常にクオリティーの高いチーム。非常にスピードが速く、攻守の切り替えが速い。我々がまさに求めていた対戦相手だ」と話した。

 しかし、カメルーン代表は新型コロナウイルスの影響で3選手が離脱。さらに、ケガ人も複数出ていることから「人数が限られた中で、特に若手選手に機会を与えたい」との方針を示した。

 続けて「両チームとも1年ほど試合ができていない中で、非常に有意義な準備に向けた試合となる」とコメントした。

 試合は、日本時間午後9時キックオフの予定。