日本代表・遠藤航 ドイツ1部の経験武器に「成長を代表で見せたい」

2020年10月07日 18時51分

オンラインで取材に応じる遠藤航

 日本代表のMF遠藤航(27=シュツットガルト)が7日、オンラインで取材に対応した。

 今回のオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボアール戦)は今年初のA代表活動。遠藤は「久しぶりの活動をうれしく思う。こういう環境を作ってくれたスタッフに感謝の気持ちでいっぱい。選手として結果を残して恩返ししたい気持ちがある」と語った。

 今季は初のドイツ1部挑戦。昨季は2部だったチームの昇格に貢献していくなかで成長をしてきた。「ボールを奪うところ、球際の部分で相手に負けないところは自信になった。今季は1部でもパフォーマンスを落とさずやることが目標」と語ったが、ここまで1部レベルにしっかり順応している。

 今回の代表活動では「クラブでやっていることを代表でも出していきたい。成長を代表で見せたい」と力を込めた。