DF酒井宏樹 長友の無念さ〝代弁〟「また一緒に代表でプレーしたい」

2020年10月06日 19時53分

オンラインで取材に応じる酒井

 日本代表DF酒井宏樹(30=マルセイユ)が、コンディション不良のため不参加となった所属クラブで同僚のDF長友佑都(34)の無念さを〝代弁〟した。

 今季は不動のレギュラーとして開幕から好パフォーマンスを見せている酒井。「昨年、ケガもあってコンディションが悪い中でうまくいかない部分もあったが、今年こそはというリベンジの思いも強いし、出場機会もあるし、いい形で進んでいると思う」と現在の好調ぶりに自信をにじませた。

 今夏に日本代表でサイドバックの黄金コンビを組んできた長友がマルセイユに加入し、所属クラブでも共闘することに。今回のオランダ遠征にも揃って選出されたが、長友は現地報道によると胃腸炎により突如招集を辞退することになった。

 酒井は「本当にモチベーション高くやっているし、すごくポジティブな方なので、いつもいい刺激をもらっている」とクラブで相乗効果が生まれていると明かしつつ、不参加となった先輩の気持ちをおもんぱかり「本人が一番残念だったと思う。でも向こうでコンディションを上げることに全力を尽くしていると思うので、また一緒に代表でプレーしたい」と回復と今後の再タッグ結成を願っていた。