MF原口元気 今季好調の要因はDF室屋のハノーバー加入「いい影響もたらしている」

2020年10月06日 19時02分

左から森保監督、原口、右端は吉田(©JFA)

 日本代表MF原口元気(29=ハノーバー)が6日にオンラインで取材に応じ、今季クラブでも同僚となったDF室屋成(26)との相乗効果を明かした。

 原口は3日のブラウンシュバイク戦で1ゴール1アシストを決めるなど大活躍。今季は好調を維持しているが、その一因となっているのが、今夏にFC東京から加入した室屋の存在だという。

「すごくポジティブで気持ちのいい性格の持ち主で、すごく努力している。なので、僕にもすごくいい影響をもたらしている」と原口は語る。室屋の明るい性格により、原口もこれまで以上に前向きにシーズンに臨めているようだ。

 今回のオランダ遠征にも揃ってメンバーに選出されており、日本代表でも共闘することに。原口は左サイド、室屋は右サイドと主戦場こそ重ならないが、気心知れたコンビがピッチ内外でチーム全体への好影響が期待できそうだ。