森保監督「ウッチーの言葉はすごく響く」 引退・内田篤人氏に監督転身を猛プッシュ!

2020年08月25日 17時20分

引退した内田氏(顔写真は森保監督)

 日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(52)が25日にオンラインで取材に応じ、引退した元日本代表の内田篤人氏(32)の将来的な監督転身を熱望した。

 指揮官は「ウッチーは日本のサッカーの発展、日本代表の勝利にすごく貢献してくれた選手。本当に感謝の気持ちを持っている。これまでの大変な現役生活を終えておつかれさまでしたと伝えたい」と晩年は右ヒザのケガとの闘いが続いただけに労をねぎらった。

 森保監督は2007年のU―20W杯でコーチとして内田を指導するなど付き合いは長い。「ウッチーは育成年代から見ていた。調子乗り世代の(吉田靖監督の愛称を冠した)ヤッコジャパンのコーチをさせてもらっていた時から見ていた選手。自分のストロング(長所)のスピードという特長があって、常にうまくなりたいという気持ちがあって素直にいろんなことを吸収しながら成長していった選手だった」と当時を振り返りつつ内田の心身両面の特長を評価。「私も選手を育てる時に、ウッチーみたいな個の特長を持っている選手、かつうまくなりたいという気持ちを持って素直にいろんなことを吸収できる選手を育てたい」と内田の後継者を自らの手で育成したい願望を明かした。

 また、内田の持論は森保監督も大いに参考になることがあるという。

「ウッチーの引退コメントを見ると、日本のサッカーと世界を比較したときに別競技のようだという言葉があった。実は以前、彼がドイツから帰ってきて私が代表監督の立場で会ったときにも『森保さん、同じサッカーでもドイツと日本て別競技なんですよね』と言われて、日本人の指導者として胸に突き刺さる言葉をもらった」

 内田との会話を今後の代表活動で生かしていく考えで「世界に羽ばたいていけるように選手たちに成長してもらえる働きかけをしていかないといけない。代表活動でもその言葉を忘れず、世界を追い越すために何をしなければいけないのか、その言葉から自分たちの活動の中身に変えていけるようにしたい。最高の示唆をくれた」と〝内田論〟を代表に還元する構えだ。

 そして「将来的には日本のサッカーの発展に貢献してもらえる人なので、ぜひ現場で。経験を生かして選手を育ててほしい。ウッチーの言葉をいろんな人に伝えれば、日本の指導者にすごく響くものがある」と〝内田監督〟の誕生に期待を寄せた。