日本代表FW永井 W杯アジア2次予選延期に「また選ばれるような活躍をするしかない」

2020年08月13日 13時07分

オンライン取材に応じた永井

 森保ジャパンで昨年活躍したFW永井謙佑(31=FC東京)が、年内に予定されていた日本代表のカタールW杯アジア2次予選が来年に再延期となったことについて胸中を明かした。

 アジアサッカー連盟(AFC)が新型コロナウイルスの影響で10、11月のW杯アジア予選を来年に延期すると発表。13日にウェブ上で取材に応じた永井は「やっぱりこういう状況なので、もしかしたらできないのかなとは感じていた」と世界中で感染が再び拡大している現状もあり、複雑な心境をのぞかせた。

 昨季はFC東京で9得点と活躍し、4年ぶりに招集された日本代表でも代表初ゴールを含む3得点をマーク。昨年10月のW杯アジア2次予選モンゴル戦でもゴールをマークした。

 今後も代表にかける思いは強く「また来年以降頑張って、また選ばれるような活躍をするしかない。そこをモチベーションに今年も来年も続けてやっていきたい」と意欲を見せた。

 森保ジャパンで再ブレークを果たした韋駄天ストライカーが、カタールW杯出場に向けて虎視たんたんとレギュラーの座を狙う。