コロナ禍で活動不参加続くポルト・中島翔哉の現状は…森保監督が去就に関心

2020年07月28日 17時02分

所属のポルトでは活動不参加が続く中島

 日本代表の森保一監督(51)が28日にウェブ上で取材に応じ、所属クラブで活動不参加が続くMF中島翔哉(25=ポルト)の現状を明かした。

 中島は新型コロナウイルスによるリーグ戦中断後からチームに合流せず、再開後も欠場が続き、20日に行われた優勝セレモニーもチームからの呼び出しに応じずそのまま合流することなく今季の日程は終了した。

 森保ジャパンの大黒柱だけに、指揮官も中島の状況が気になる様子。「これまでのコロナ禍の中で彼が家族のことを思って、自分の活動をどうしたらいいのかというのを考えていることは伝え聞いている。その先の、彼がクラブの中でどう過ごしているかというのは一応、状況報告はもらっているけど、彼本人から話を聞いてはいない」と説明。中島が家族の新型コロナ感染を心配し、その予防を最優先している現状を明かした。

「まずは彼が気にしている家族へのコロナの感染を最大限注意してもらって、感染がないように」と中島の気持ちを慮りながら「彼の今後のキャリアは続くと思うので、選手として輝ける、充実して活動できる環境が整えばいいなと思っている」と今後の去就を含めて動向を気にかけていた。

 森保ジャパンの攻撃をけん引するエースだけに、代表の活動再開に向けてプレーできる環境が整うか気になるところだ。