なでしこジャパン長谷川がオンライン授業に出演 海外挑戦の夢語る

2020年06月22日 19時36分

オンライン授業に出演した長谷川唯

 サッカー女子日本代表MF長谷川唯(23=日テレ)が22日、高校生に向けた「明日へのエールプロジェクト」のオンライン授業に出演。学生時代のエピソードと今後の目標を語った。

 長谷川は、中学時代から日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織でプレーしていたが「中学のときなんか今よりも全然身長が小さくて、自分よりも小さい選手が対戦相手にもチームメイトにもいないような状況だった」と体格差に苦労していたという。

 そこで「相手にどれだけぶつからずにプレーできるか。一番大事なのはポジショニングと思っているので、中学校からサッカーを考えてやるようになった」と頭脳派スタイルに変更。「中学、高校のときにあまり背が大きくなくてよかったなと思う。そのおかげで今の(常に考えて動く)プレースタイルが成り立っている」と笑みを浮かべた。

 また、参加者から「海外でプレーしてみたいですか?」との直球質問が飛ぶと、長谷川は「日本でやっていて、本当に学べることだったり、成長できることっていうのもある」と話しながらも「小さい頃から海外でプレーしたい気持ちは持っている。今は日本でやっているけど、いずれ海外でプレーしたい気持ちはある」とニヤリ。将来的には、海外挑戦を希望する意向を示した。

 最後には「高校時代の部活やサッカーの経験っていうのは今後に生きてくると思うので、今を全力で楽しく頑張ってほしい」とエールを送った。