川島が本田&南野に熱いゲキ

2019年12月26日 16時30分

川島が投資の魅力をアピール

 フランス1部ストラスブールのGK川島永嗣(36)が日本代表の新旧エースにゲキを飛ばした。

 金融などを学ぶ総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」の公式アンバサダーに就任した川島は2007年から同校で受講し、実際に国内外の不動産に投資済み。同校の泉正人代表とのトークショーでは投資の重要性を力説した。

 その川島が関心を寄せるのが“盟友”たちの動向だ。日本代表で長年ともに戦ったMF本田圭佑(33)がオランダ1部フィテッセの退団を発表したばかり。「サッカーの世界でいろんなことが起こるのは日常茶飯事。彼には彼の目標がある。そこに向かっていくうえで次のステップは何なのかに興味がある」と、東京五輪という目標に向けて我が道を突き進む姿に興味津々だ。

 また、イングランド・プレミアリーグの強豪リバプールへの移籍が決まった日本代表MF南野拓実(24)には「ビッグクラブに行くことで、彼自身が背負うものが大きくなる。日本人選手として、世界に日本人がこれだけやれるんだというのを見せつけてほしい。彼ならできる」とエール。2人の今後に熱い視線を注いだ。

【関連記事】