U―22日本代表はジャマイカ戦に向け調整

2019年12月26日 16時30分

 東京五輪に臨むU―22日本代表は、U―22ジャマイカ代表戦(28日)に向けて長崎県内で調整中だ。バルセロナB(スペイン)でゴールを量産しているFW安部裕葵(20)やマリティモ(ポルトガル)でプレーするFW前田大然(22)ら海外組も加わり、森保監督はイレブンに「今の実力と、これからの可能性を示してほしい」と訴えている。同代表は来年1月に五輪アジア予選を兼ねるU―23アジア選手権(タイ)に出場する。

【関連記事】