【U―22】森保監督が海外組招集にこだわるワケ

2019年11月28日 16時30分

 やはり兼任監督は“限界”なのか。来夏の東京五輪に臨むサッカー男子のU―22日本代表を率いる森保一監督(51)は、国際親善試合(12月28日、長崎)U―22ジャマイカ代表戦にMF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)やDF冨安健洋(21=ボローニャ)、MF久保建英(18=マジョルカ)ら海外組を招集したい意向を語った。

 国際Aマッチデー(IMD)ではないためクラブ側に選手の派遣義務はないが、冬季中断中のリーグもあるため、クラブに協力を要請するという。また、同様にIMDではないU―23アジア選手権(来年1月、タイ)についても海外組の参戦を熱望。指揮官は27日に「簡単ではないが、要請文書は出す」とし、海外組招集にこだわった。

 森保監督が海外組に固執するのは、堂安や久保を招集して臨んだU―22コロンビア戦(17日)で完敗したからだ。指揮官は「力が足りなかったということなので、チーム力を上げられるように」と反省の弁を語っていたが、IMDはW杯アジア2次予選を戦っているためA代表を優先。日程が重複するときは横内昭展コーチ(51)にU―22代表の指揮を任せることが多い。森保監督の意向に沿った方針で練習や試合に取り組むものの、求心力や細かな指示のニュアンスなどを含めてチーム強化に指揮官不在の影響は否定できない。

 そこで森保監督がU―22代表を直接指導できる機会にベストメンバーを招集し、戦術理解を深めて連係力をアップしたいわけだ。海外クラブがすんなり選手を派遣してくれるのかは微妙な情勢となるが、五輪金メダルが期待される森保ジャパンはベストメンバーを揃えてレベルアップを実現する。