【U―22】森保監督 “ご立腹”

2019年11月18日 16時30分

森保監督(左)は険しい表情

 国際親善試合U―22コロンビア代表戦(17日、広島)で0―2の完敗に森保監督も“ご立腹”だ。

 東京五輪に向けた本格始動の初戦。A代表組の久保や堂安をはじめ、8人もの欧州組が参戦し「史上最強」と言われていたメンバーはミス連発など、軽いプレーばかり。試合後のロッカールームで指揮官は「金メダルという目標は私だけのものか」と覚悟を問いただしたという。記者会見でも「もっとメンタルを強くしてアグレッシブに戦えるようにならないといけないという学びの場になった」と、怒り冷めやらぬ様子だった。

 また、試合を観戦した日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)は「若いなっていうのが感想。これが本大会の最初の試合になってしまったら、本当に台無しになるところ」と、メダル獲得に向けて改善を求めた。