14日・カタールW杯アジア2次予選キルギス戦の注目は南野 欧州CLでの活躍でプレーに自信みなぎる

2019年11月12日 16時30分

【前園真聖・ゾノの焦点!】アウェーでカタールW杯アジア2次予選キルギス戦に臨む日本代表の注目選手は、予選3試合連続ゴール中のMF南野拓実(24=ザルツブルク)です。

 今季は非常に安定感が増していてプレーにも迷いがありません。主にトップ下のポジションでチャンスメークとゴールゲットができる貴重な戦力と言えるでしょう。これまでも好パフォーマンスを見せていましたが、最近は決定的な役割を果たしているように、プレーには自信がみなぎっている感じがします。

 その理由は、かねて言われているように欧州チャンピオンズリーグ(CL)で結果を出しているからでしょう。昨季CL王者のリバプール(イングランド)からゴールを決めたプレーは欧州でも高く評価されていましたし、南野自身も自分のスタイルに確信を持てたのではないでしょうか。

 すでに欧州各メディアで報じられましたが、強豪クラブへのステップアップも浮上しています。今後もザルツブルクはもちろん、日本代表でもゴールを量産し続け、しっかりとした結果を残せば、来年1月の移籍が実現する可能性は十分にあります。

 また、南野と同じようにCLで活躍する日本代表MF伊東純也(26=ゲンク)も急成長しています。彼もさらなる躍進が期待できる選手。そろそろ森保ジャパンで覚醒するんじゃないでしょうか。

(元日本代表MF)