【W杯アジア2次予選】森保ジャパンがキルギスへ出発

2019年11月10日 16時01分

 サッカー日本代表は10日、W杯アジア2次予選F組のキルギス戦(14日、ビシュケク)に向けて、成田空港から出発した。

 森保一監督(51)ら首脳陣、スタッフ、DF室屋成(25=FC東京)、MF橋本拳斗人(26=同)、FW永井謙佑(30=同)、DF佐々木翔(30=広島)、DF畠中新之輔(横浜M)、MF山口蛍(29=神戸)、FW鈴木武蔵(25=札幌)の国内組7人が同便で移動。海外組は現地で合流する。

 ここまで3連勝中のチームを率いる指揮官はリラックスした表情で決戦の地へ向かった。