【W杯アジア2次予選】ミャンマーに2発快勝 中島&南野の好連携の秘密は同じサッカー脳

2019年09月11日 11時30分

先制弾を決めた中島(右から3人目)は南野、吉田らに祝福された(ロイター)

【ミャンマー・ヤンゴン10日発】日本代表はカタールW杯アジア2次予選初戦でミャンマーに2―0で勝利し、好発進した。過酷な環境の敵地で勝ち点3に貢献したのは、先制ゴールのMF中島翔哉(25=ポルト)と追加点を挙げたMF南野拓実(24=ザルツブルク)の同級生コンビ。リオデジャネイロ五輪でも好連係を見せた“2人の関係”が勝利を呼び込んだ。

 均衡を破ったのは10番を背負う中島だ。前半16分に左サイドから切り込んでミドルシュートを叩き込んだ。続く26分には堂安律(21=PSVアイントホーフェン)からの左クロスに南野がゴール前で、ヘディング弾で加点。同級生コンビの大活躍で初戦を制した。

 中島、南野は堂安とともに攻撃的MFで好連係を見せて“三羽ガラス”と呼ばれる。特に中島と南野はともにリオ五輪を戦ったメンバーで気心が知れているためか、ピッチ上でも“ベストパートナー”と言える存在だ。元日本代表MF前園真聖氏(45)もかねて「お互いに長所を引き出せる関係と言うのか、中島がいるから南野も生きる部分があるし、その逆もある」と指摘している。

 主に中央のトップ下でプレーする南野は、左サイドの中島がドリブル突破を図ることでマークがサイドに流れ、空いたスペースに入り込むことで好機を演出。逆に南野が中央でキープし、相手DFが止めにくるとき、左サイドに走り込む中島に合わせればビッグチャンスが生まれるなど、好連係を発揮している。

 特に南野は1月のアジアカップ中に「翔哉は僕たちの攻撃パターンの一つ。あのクオリティーはアジアには少ない」と絶賛し「日に日に理解し合えている」と信頼を寄せる。中島も、南野ら攻撃陣について「ここはレベルの高い選手ばかりなのでやりやすい。連動して動くことができる」と話していた。

 ともにサッカー界の“虎の穴”と言われるクーバー・コーチング・サッカースクール出身という縁もある。多くの日本代表選手が主にジュニア時代に同スクールで指導を受けた。2人も大阪と東京で通った場所こそ違うものの、同じカリキュラムで技術を高めており、現在のコンビネーションにつながっている。

 南野は「勝利に貢献できて満足している」と話し、中島も「どの試合も全力でやる。ゴールが取れてよかった」。長い戦いが続くカタールW杯予選も、2人が日本をけん引していく。