【森保ジャパン】中島 “挑発ドリブル”を謝罪

2019年09月06日 16時30分

パラグアイ選手の怒りを買った中島(中)

 5日の国際親善試合パラグアイ戦(カシマ)でMF中島翔哉(25=ポルト)が“挑発プレー”を謝罪した。

 2―0とリードした前半終了間際、中島がリフティングドリブルを披露すると、パラグアイ選手が激怒。「挑発」と受け取られて後方からタックルを受けた上、激しく詰め寄られた。このシーンについて中島は「気分を害した人がいるなら、それ(挑発)を目的としていないので謝りたい」とし、パラグアイ選手にも「怒っていたので謝りました」。W杯予選に向けては「チームプレーでお互いの良さを出しながらできればいい」と話した。