大迫が記者選出 年間最優秀選手

2019年06月08日 16時30分

FW大迫勇也(29=ブレーメン)が、全国のサッカー担当記者の投票による2018年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に選ばれ、記念品を受け取った。大迫は「素直にうれしい」と受賞の感想を語り、森保ジャパンが新たに導入した3バックについては「自分の中では手応えがある。(トリニダード・トバゴ戦がスコアレスドローで)見ている人は物足りなさを感じると思うけど、新たなチャレンジは最初からいいことばかりではない」と前向きだった。