【トゥーロン国際】日本11年ぶり4強 ポルトガルに敗退も得失点差で

2019年06月08日 12時00分

【フランス・フォスシュルメール7日(日本時間8日)発】トゥーロン国際大会1次リーグA組最終戦が行われ、U-22代表で臨んでいる日本はU-19代表で参加のポルトガルに0―1で敗れた。直後に行われた同組の試合でチリがイングランドに2―1で勝ち、3チームが勝ち点6で並んだが、得失点差で日本が首位となり、2008年大会以来11年ぶりの4強入りを決めた。

 日本はポルトガル相手に前半から攻め込んだが決定力を欠き、後半40分に失点。今大会初黒星となったが、2戦目のチリ戦での6―1が効いて準決勝の切符をつかんだ。