久保建英の代表ユニホームが新発売と思いきや…

2019年06月06日 16時30分

販売されていた「KUBO 11」のユニホームの正体は?

 日本代表メンバー発表から約2週間、急な選出でグッズの生産が追いついていないためか、5日豊田スタジアムのグッズ売り場には、バルセロナで育った天才少年の関連商品は見当たらなかった。

 レプリカユニホームなどを扱う売り場では、いたるところで大行列ができたが、今回、招集されていないMF宇佐美貴史(27=デュッセルドルフ)のネーム入りユニホームや11番を背負うMF中島翔哉(24=アルドハイル)の10番バージョンなど、売り場はさながら“在庫一掃セール”のような状態だった。

 その中には「KUBO」のネームがプリントされた新商品と思わしきユニホームも展示されていたが…背番号は「27」ではなく「11」。久保は久保でも、元日本代表FW久保裕也(25=ニュルンベルク)の売れ残りでした。