MF久保建英 レアル、パリSG争奪戦報道にも冷静

2019年06月05日 16時30分

4日、18歳の誕生日を迎えた久保

 5日の国際親善試合トリニダード・トバゴ戦(豊田)から始まる6月シリーズの森保ジャパンに初選出されたMF久保建英(18=FC東京)は4日、18歳の誕生日を迎えた。代表初招集となる森保ジャパンの合宿も3日目を迎え「みんなに声をかけてもらっていて、みんな優しい」とチームにも溶け込んだ様子。代表の練習についても「刺激は常に感じる。でも刺激イコールあの中に入れないという感じではない」と自信をつかみつつある。

 誕生日とあってイレブンからも祝福されたといい「こういう場所で迎えられるのは非常にうれしい」とはにかみながら「一つ選手として年齢も上がったので。もうちょっとやらなきゃいけない」と誓いを立てた。

 国際移籍が可能な18歳になったことで、古巣のスペイン1部バルセロナに加え、同レアル・マドリードやフランス1部パリ・サンジェルマンなどビッグクラブによる争奪戦の行方も気になるところ。久保は「18歳で試合に出ているからといって、22、23歳で約束されていることは何もない。焦らず、でも結果は求めつつ」と、冷静に現状を見つめながらも貪欲な向上心をのぞかせた。