南米選手権日本代表メンバー発表 若手主体の裏に編成の苦悩

2019年05月25日 16時30分

森保一監督

 日本サッカー協会は24日、招待参加する6月14日(日本時間同15日)開幕の南米選手権(ブラジル)に臨む日本代表メンバー23人を発表。森保監督の苦悩がにじむ編成となった。全23選手中、A代表初選出の13人を含む18人が東京五輪世代。今大会はクラブ側に選手の派遣義務がないため、本来A代表級の選手の招集を断念して若手主体の編成となった。森保監督は「Jリーグ、大学の皆さんにはシーズンが続いて戦力的にもダウンする中で選手を派遣してもらって感謝したい」と頭を下げた。

 広島と大分から2人ずつ招集される一方、有力選手がいながら招集がないクラブも。日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(58)は「クラブと我々の話の中で詰めていった。クラブとしては1人でも戦力として考えているので、そこから人選をしていくというのは…」と交渉の難しさを認めながら経緯を説明した。紆余曲折があっただけに「大会後には我々の取り組みも踏まえて検証していきたい」と語った。