J1神戸がロティーナ監督と契約解除 クラブ公式ツイは大荒れ「何がしたいねん」

2022年06月29日 13時53分

新監督に就任する吉田孝行氏(東スポWeb)
新監督に就任する吉田孝行氏(東スポWeb)

 J1神戸は29日、ミゲルアンヘル・ロティーナ監督(65)と契約を解除したと発表した。スペイン出身の指揮官は三浦淳寛監督の後任として4月に着任したばかりだが、J1で2勝1分け6敗と最下位から抜け出せなかった。後任は吉田孝行氏(45)が務めることになった。

 ロティーナ前監督はクラブを通じ「チームの悪い流れを変えることができず、順位表で上にいくお手伝いができなかったことを申し訳なく思っています」とし、吉田新監督は「この厳しい現実を打破するべく私のことを信頼し、このような機会を与えてくれるクラブの力になるため、監督を引き受けさせていただきました」とコメントした。

 監督交代を伝えるクラブ公式ツイッターのコメント欄には「フロントは終わってる」「SDの任命責任」「こういうことしていると監督が来てくれなくなるよ」「何がしたいねんマジでサポーターなめんな」「監督や選手を物のように扱うのは見ていられない」「しばらく観戦は控えます」などの意見が書き込まれていた。

関連タグ: