JFL鈴鹿の八百長問題で協会が処分発表も 告発した元役員が怒り「こいつら、嘘突き通すんやなと」

2022年04月05日 21時15分

騒動は泥沼化か(東スポWeb)
騒動は泥沼化か(東スポWeb)

 JFL鈴鹿ポイントゲッターズを巡る八百長問題で、日本サッカー協会の処分発表に対して問題を告発した元役員が猛反論を展開した。

 鈴鹿では昨年12月、クラブで執行役員を務めた塩見大輔氏が自身のツイッターで上層部から2020年11月29日のソニー仙台戦で八百長を命じられたと暴露。これに対して鈴鹿側は、塩見氏から2500万円を要求されて支払い、さらに5000万円の要求を受けたと逆に告発して大騒動に発展した。

 協会は5日に、実名を伏せる形でチーム運営会社社長をA氏、チームオーナーをB氏、チーム運営会社元役員をC氏とした上で処分を発表。鈴鹿に対しては当該試合を没収試合として0対3で鈴鹿の敗戦とし、500万円の罰金を科し、A氏に対しては1か月間のサッカー関連活動の禁止、B氏に対しては3か月間のサッカー関連活動の禁止、C氏に対しては2年間のサッカー関連活動の禁止とした。

 発表を受けて、八百長問題を告発した元役員にあたる塩見氏は、この処分への不快感を自身のツイッターで展開。「西岡会長の指示から、吉田社長が返事をして、ミラ監督と、吉田社長を守る為に塩見が2人をかばって選手に話したと、きちんと記事かいてくださいね。訴えます」「こいつら、嘘突き通すんやなと」「俺は永久追放いい。が、西岡会長、吉田社長が仕組んだ話。で、吉田社長と、ミラ監督が実行する予定を塩見がかばって選手に話をした。選手もコーチも知っている」(原文ママ)と自らの主張を怒りを交えて〝連投〟。

 さらに「西岡会長3ヵ月活動禁止。スタジアム資金を調達できてなく走り回ってるのにどうするんやろね? まぁスタジアムが出来ないのすら塩見の責任に出来て安心しとんやろけど」「スタジアム工事の止まってる件、鈴鹿の人達色々知っているのにね。まぁ、全ての事実を絶対に表にださせます。日本サッカー協会も判断間違うと大変な事になりますよ。JFLも」と反論を重ねた。

 元日本代表FW三浦知良が加入して大きな注目を集める鈴鹿だが、八百長騒動は泥沼化の様相を呈してきた。

関連タグ: