【J1】コロナ感染の大分は5日の徳島戦を開催へ

2021年05月04日 16時07分

 新型コロナウイルス感染症の陽性者が出ていたJ1大分は4日、ルヴァンカップ1次リーグ第5節(5日、昭和電子ドーム大分)の徳島戦を予定通りに開催すると発表した。

 クラブによると、3日にトップチームの選手1人が陽性判定となり、同日に選手、スタッフを対象にPCR検査を実施した結果、全員が陰性だったという。これにより、Jリーグのプロトコルに照らし、陽性判定の選手と、濃厚接触と判断された選手2人を除き、予定通りに試合を行うことになった。また、試合当日の開始3時間30分前にはJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施し、陰性となった選手、スタッフのみがエントリーできるとした。

 大分は公式ホームページで「今後のトップチームの活動に関しては、関係各所との協議の結果、陽性者1名と濃厚接触者2名を除き、感染予防策の徹底を図ることで継続可能との判断を受けました。今後は関係各所の指導のもと、クラブハウスの消毒などを進めてまいります」としている。

関連タグ: