【J1】C大阪、福岡で計3選手コロナ陽性判定

2021年04月05日 21時49分

 J1・C大阪は5日、トップチームの選手1人と関係者1人が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたと公式ホームページで発表した。

 当該選手は3日に軽い倦怠感を訴え、PCR検査を受けた結果、4日に陽性判定を受けた。現在は自宅で静養し、体調回復に努めているという。

 その他の選手、関係者は陰性判定ながらJリーグのガイドラインに沿った判断により、選手3人が濃厚接触疑い者とされている。今後は保健所により濃厚接触者の判定が行われるが、現時点では6日の横浜M戦も開催される予定だ。

 また、J1・福岡も5日、トップチーム2人が新型コロナウイルスの陽性診断を受けたとクラブ公式ホームページで発表した。福岡によると、選手1人が4日に感染が判明。4、5日に実施した検査で新たに選手1人が陽性だったという。濃厚接触と認定された選手、スタッフもいないことから、今後は保健所の指導のもと、感染症対策の周知と徹底を図った上でトレーニングを行っていくという見通しという。

 4日に選手1人が新型コロナウイルスに感染した浦和は5日、陽性判定となった選手を含めたトップ全選手、スタッフ、関係者にPCR検査を実施し、全員が陰性判定だったことを発表した。6日から全体練習を再開するという。

【関連記事】

関連タグ: