【J1】神戸の関係者がコロナ感染 3日の仙台戦は予定通り開催

2021年04月03日 13時12分

神戸の三浦淳宏監督

 J1神戸は3日、トップチーム関係者1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。

 当該者は、2日に陽性判定を受けた近親者の濃厚接触者である可能性が確認され、クラブ独自のPCR検査を医療機関で実施したところ、陽性が判明した。現在はのどに違和感(軽度)と咳(軽度)の症状が出ており、適切な対策のもと、隔離、療養しているという。

 当該者の陽性判定を受け、トップチーム関係者62人に対して、2日夜にPCR検査を行った結果、当該者を除く全員が陰性判定を受けた。また、Jリーグの定めるガイドラインに沿ってトップチーム関係者2人を「濃厚接触疑い者」と認定。2人はチームを離れ、自宅待機中となっている。

 3日に予定されている仙台戦(ユアスタ)は、Jリーグと両クラブの協議をふまえたうえで、Jリーグのガイドラインに基づき、陽性判定を受けた1人と濃厚接触疑い者2人を除いて、予定通り開催される。

 今後の対応については「Jリーグ及び兵庫県、所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表してまいります」と説明した。

関連タグ: