【J1】川崎がFW家長弾で開幕5連勝「薫がいつもお膳立てしてくれる」

2021年03月13日 21時06分

家長昭博
家長昭博

 さすがの強さだ――。J1川崎は13日の柏戦(等々力)に1―0で勝利。開幕から無傷の5連勝を飾り、定位置の首位をキープした。

 雷雨の影響もあり、30分遅れで始まった試合は序盤から拮抗した展開が続き、前半を0―0で折り返す。川崎は後半からMF三笘薫(23)が出場。同19分にはFWレアンドロ・ダミアン(31)も投入し、果敢にゴールへ迫る。すると、同35分に三笘が左サイドをドリブルで抜け出し、ペナルティーエリア中央にラストパスを供給。反応したFW家長昭博(34)が「薫がいつもあそこまでお膳立てしてくれる。いいポジションを取っていたらいいパスが来たので、決めるだけだった」と冷静に左足で合わせ、均衡を破った。

 今季も川崎は「1試合3得点」を目標に掲げている。この日は1点止まりだったが「90分間自分たちが目指すサッカーはできなかったが、こういう試合で勝つのが一番大きいと思う。まだまだ課題は多いが、勝てたことが一番大事」と安堵の表情を浮かべた。

 苦戦を強いられながらも、きっちりと勝ち点3を獲得した川崎イレブン。リーグ連覇へ、死角はなさそうだ。

関連タグ: