【FC東京】カタール航空とスポンサー契約で欧州クラブにアピールか

2021年03月01日 21時55分

 J1FC東京は1日、新規クラブスポンサーとしてカタール航空と契約を締結することになったと発表した。

 カタール航空は国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルスポンサーを務めるとともに世界各国のクラブをサポート。フランス1部パリ・サンジェルマンをはじめ、イタリア1部ローマ、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンなど欧州ビッグクラブのスポンサーにもなっており、かつてはスペイン1部バルセロナのゼッケンスポンサーも務めていた。

 FC東京もカタール航空との連携していくことで、欧州クラブとのコネクションを強化し、選手の獲得や移籍が促進される可能性もありそう。実際に、J1神戸も親会社の「楽天」がバルセロナのスポンサーになったことで、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)らの獲得につなげている。

 世界航空会社ランキングで1位(2019年)になったこともあるカタール航空はクラブを通じて「この度、カタール航空はFC東京のクラブスポンサーをさせていただくことになりました。地域の皆様、ファン・サポーターの皆様とともに、FC東京を応援してまいります」とコメントした。

関連タグ: