カズ 54歳誕生日に新CM解禁「上を向いている限り、絶対にいいことがある」

2021年02月26日 04時00分

54歳のバースデーを迎えたカズ

〝キング・カズ〟ことサッカー元日本代表FW三浦知良(横浜FC)は54歳の誕生日を迎えた26日からサントリーウエルネス社の「セサミンEX」ブランドのメッセンジャーに就任し、テレビCMや各メディアを通じて商品をPRする。

 公開されたCMではトレーニングする中、チームメートから「カズさん、上がりましょうよ」と声を掛けられると「俺はもう少し。うまくなりたいからさ」と答えるシーンが描かれている。54歳になっても第一線で走り続けるカズの生き方を反映したCMといえる。

 カズは「インタビューでは、特に私が思うグッドエイジングな生き方について話させていただきました。海外での経験を振り返っても、年齢なんて気にせず、好きなことを楽しんでいる方が多かったです。日本人は『もういい年なんだから』といった年齢のレッテルを気にしがちだと思いますが、そんなことは気にせず、いつまでもやりたいことや好きなことに夢中になったっていいんじゃないでしょうか」とメッセージを送った。

 続けて「本日、2月26日は私の54歳の誕生日です。サッカーでは情熱的な一年にしたいです。最後になりますが、しばらく苦しい状況が続くかと思いますが、〝上を向いている限り、絶対にいいことがある。明るい未来が待っているはず〟だと、私は信じているので、みなさんも上を向いて踏ん張りましょう」とコメントした。

 カズの横浜FCはJ1開幕戦(27日)で札幌と対戦する。出場すれば、54歳1日で自身の持つ最年長出場記録を更新し、ゴールを決めれば、ジーコ氏が持つ最年長得点記録(41歳3か月12日)を上回るだけに、CMとともに試合の行方にも注目だ。

関連タグ: