【Jアウォーズ】川崎DF山根は〝原点回帰〟でベストイレブン初受賞

2020年12月22日 21時48分

 22日の年間表彰式「Jリーグアウォーズ」でJ1川崎のDF山根視来(27)がプロ5年目にして初のベストイレブンを受賞した。

 今季湘南から移籍して、強豪の激しいサバイバルの中でレギュラーをつかみ31試合に出場。サイドバックながら持ち前の攻撃力も発揮して4得点をマークした。

「チームメートに自分の能力以上のものを引き出してもらっての受賞だと思うので感謝の気持ちでいっぱい。悩んだ時期もあったが、自分は湘南時代にやっていたプレーをやればいいんだと開き直れたのが強みを出せた要因だと思う」と〝原点回帰〟でブレークを果たした。

 それでも慢心することはなく「優勝してベストイレブンを受賞できたけど自分が下手なことに変わりはない。反省と改善を意識してやっていたので、来年もそうやってやっていけたら」。

 日本代表の森保一監督(52)も今季の活躍を高く評価しており、今後は代表入りも期待される遅咲きのサイドバックが謙虚な姿勢でさらなる成長を目指す。