【J1川崎】「君がいなければここまでには育ってなかった」川崎・中村憲剛が家族へ感謝のメッセージ 

2020年12月21日 23時18分

家族と記念撮影をした中村憲剛
家族と記念撮影をした中村憲剛

 今季限りで引退するJ1川崎の元日本代表MF中村憲剛(40)が愛する家族へメッセージを送った。

 21日に等々力陸上競技場で行われた引退セレモニーの最後にスピーチを披露。中村を育てた両親と2人の姉に向けて「大きなケガなくプレーできる体に産んでくれた、育ててくれた両親、今でもずっとサポートしてくれる姉2人。本当にありがとう。僕はみんなのサポートがなければ、ここまで頑張れなかったと思う」と謝辞を述べた。

 セレモニーで中村に手紙を読み上げた長男・龍剛(りゅうご)くん(12)と、長女・桂奈(けいな)ちゃん(10)、次女・里衣那(りいな)ちゃん(4)ら子供たちには「先ほど素晴らしい文を書いてくれた息子。パパは3人がいたからここまで頑張ることができた。3人にこの景色を見せられて父親として誇りに思う」と感慨に浸った。

 最後には、中央大4年時から交際し、プロ2年目の2004年12月に結婚した最愛の妻に「加奈子さん、僕はたぶん君がいなければここまでには育ってなかった。どんなときもポジティブなことを言ってくれて、前向きに自分とは逆のことを言って常に引っ張ってくれた。感謝しかない。あなたと会ってなければ、ここまでになってなかったと思う。出会ったのは大学4年からですけど、ありがとう。これからもよろしくお願いします」と感謝の言葉を伝えた。