【J1】C大阪・ロティーナ監督が今季限り退任 9月以降失速で現在4位

2020年11月27日 18時38分

退任するロティ―ナ監督

 J1のC大阪は27日、ミゲルアンヘル・ロティーナ監督(63)との契約を更新せず、今季限りで退任すると発表した。今季残り試合は、指揮を執る。後任は未定。

 就任2年目となった今季は前半戦で優勝した川崎を粘り強く追走して優勝争いを展開したが、9月以降はペースダウン。現在リーグ29試合を消化して16勝9敗4分けの勝ち点52で4位につけており、来季のアジアチャンピオンズリーグ出場圏内である3位以内や天皇杯出場圏内の2位以内の可能性を残している。ルヴァンカップは8強で敗退していた。

 ロティーナ監督は、J2東京Vで指揮を執った2シーズン(2017~18年)でチームをJ1参入プレーオフ(17年はJ1昇格プレーオフ)進出に導いた手腕を期待されてC大阪監督に就任したが、いまのところタイトルには手が届いていない。まだ獲得可能性のある天皇杯で有終の美を飾れるか。

【関連記事】