J1川崎・中村憲剛がマラドーナ氏悼む「メキシコW杯のビデオ何度も観てマネしました」

2020年11月26日 16時26分

J1川崎・MF中村憲剛

 J1川崎のMF中村憲剛(40)が26日、自身のツイッターを更新し、60歳で急死した元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏への思いをつづった。

 2年ぶり3度目のリーグ制覇を成し遂げた直後に飛び込んできた訃報。「マラドーナ。今でも信じられません」と胸中を明かした。

 世界的スターのプレーに中村も憧れていたといい「初めてマラドーナを見たのは1986年メキシコW杯。総集編のビデオを文字通り擦り切れるまで何度も観てマラドーナのプレーをマネしていました」と振り返った。

 その上で「サッカーにのめり込むきっかけを作ってくれた、夢を与えてくれたマラドーナ。謹んでご冥福をお祈りいたします」と結んだ。