【ACL】横浜M・ポステコグルー監督が上海上港戦へ手応え「いい準備できている」

2020年11月24日 23時41分

上海上港戦へ公式会見に臨んだJ1横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(左)とMF扇原貴宏(写真提供=横浜M)

 J1横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(55)とMF扇原貴宏(29)が24日、カタールで行われているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の再開初戦となる25日の1次リーグ上海上港(中国)戦に向けて公式会見を行った。

 指揮官は「この大会を楽しみにしていた。ACLはけが人がなく臨めるのはポジティブなことだと思う。いい準備もできている」と手応えを口にした。

 扇原は「選手たちもこの大会にかける思いは強い。カタールに入ってからいい練習もできている」。相手は元ブラジル代表FWフッキ(34)らを擁する強敵だが、「相手どうこうというより、マリノスのサッカーをすることが重要。自分たちのサッカーができれば相手に関係なく勝てる自信はある。そこに集中したい」と勝利へのポイントを挙げた。