【J2】FW小川とDF舩木をクラブ規律違反で処分 1週間の謹慎と罰金

2020年11月18日 23時35分

小川航基

 J2磐田は18日、FW小川航基(23)とDF舩木翔(22)がクラブの行動規律に違反したとして、処分を下したと発表した。

 両選手は、10月25日の群馬戦(ヤマハ)後に知人と接触。知人から新型コロナウイルスに感染したとの連絡があり、PCR検査を行った。その結果、陽性反応を示したため、チームから離脱していた。クラブ側によると、その際の事情聴取で「クラブが定めていた行動規律に違反したことが認められた」という。

 処分内容については、1週間の謹慎と罰金。徴収した罰金は、後日慈善団体へ寄付する予定となっている。

 現在の磐田は、11勝14分け9敗で9位。J1昇格へ暗雲が垂れ込めている。さらに直近3試合は、新たな感染者や濃厚接触の疑いのある選手も出たことから、ベストメンバーを組むことができず、いずれも引き分けに終わった。