【G大阪】アデミウソンの酒気帯び運転、接触事故を謝罪「再発防止に取り組む」

2020年10月26日 18時57分

 J1G大阪は26日、所属するFWアデミウソン選手(26)が、道路交通法違反の疑いで大阪府警の任意捜査を受けたと発表した。記者会見したG大阪の小野忠史社長(59)は「被害に遭われた方に心よりおわび申し上げる。二度とこういうことが起こらないよう、再発防止に取り組む」と謝罪した。

 アデミウソンは25日の午前8時35分ごろ、大阪・茨木市内で追い越し車線を走行中、左側ボディーを走行車線の自動車と接触するが、本人は接触と認識せずに練習のため、クラブハウスに向かったが、練習後に大阪府警察本部交通部高速道路交通警察隊から任意同行を求められたという。約4時間の事情聴取を受け、基準値を超えるアルコールが検出された。

 クラブによると、アデミウソンは24日夜から友人宅で食事をしたあと、自家用車で繁華街に出かけ、25日の早朝まで心斎橋などのクラブやバーで飲酒しながら食事をしたという。25日に本人に詳細を確認、謹慎処分とした。捜査終了後に改めて処分を決める。