横浜M渡辺が意地の決勝弾「勝ち越したいっていう気持ちで入っていけた」

2020年10月21日 23時11分

決勝ゴールを決めた渡辺

 底力を見せつけた。J1横浜Mは、21日に名古屋(日産)と対戦。MF渡辺皓太(22)のゴールが決勝点となり、2―1で勝利を収めた。

 後半35分だった。DF小池龍太(25)がペナルティーエリア中央へパスを送ると「信じてゴール前に走っていった」と見事な反応。「いいパスをくれたので触るだけだった」と倒れ込みながらも、左足で合わせた。

 前節のC大阪戦(17日、ヤンマー)では、1―4で大敗。前々節のG大阪戦(14日、パナスタ)でも1―1の引き分けに終わるなど、勝ち切れない試合が目立っていただけに「何とか勝ち越したいっていう気持ちで入っていけた」と手応えを口にした。

 本日のヒーローとなったが「あまり点を取るようなタイプではない」と謙遜。それでも、最後には「自分が取るようになれば、チームも勝てるようになってくると思うので、これからも意識していきたい」と意気込みを示した。

 横浜Mはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場していることから、より過密日程で試合が進んでいる。リーグ戦も残すは7試合。上位進出へ負けは許されないだけに「残りも負けないように全部勝つつもりでやっていきたい」と力強く宣言。ようやく昨季リーグ王者の逆襲が始まった。