【J2新潟】酒気帯び運転のファビオ、同乗のペドロ・マンジーと契約解除

2020年10月19日 13時04分

 J2新潟は19日、臨時取締役会を開き、道路交通法違反で書類送検されるブラジル人FWファビオ(23)とスペイン人FWペドロ・マンジー(32)を同日付で契約解除したと発表した。

 ファビオは9月17日の午前1~2時ごろ、新潟市内で酒気帯び運転の取り締まりを受けたとし、同乗していたペドロ・マンジーとともに任意捜査されていた。クラブは15日にチーム活動禁止の処分を下していた。

 また、新潟の是永大輔社長(43)は19日から12月31日まで100%の減俸。玉野淳GM兼強化部長(36)はけん責で19日から12月31日までの報酬100%を自主返納する。

 クラブは「ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、後援会員の皆様、ホームタウンの関係者様、そしてJリーグ、サッカー、スポーツに関わるすべての皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことへ、深くお詫び申し上げます」とした。