【J1】柏のエース・オルンガがリーグ終盤に長期離脱の可能性も

2020年09月30日 17時45分

柏・オルンガ

 J1柏がリーグ終盤に正念場を迎えるかもしれない。得点ランキングトップを独走中のケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が同国の代表戦に招集される可能性が高まってきた。

 ケニア代表は、10月に国際親善試合を行い、11月にはアフリカ選手権予選を戦う予定となっている。30日のオンライン取材でネルシーニョ監督(70)は「今、私の手元に入っている情報によると、ケニアサッカー協会の方と話をしながら、10月のケニア代表の招集について、最終的な決定を行うという話が進められていると聞いている」と明かした。

 現時点で10月の招集は不透明だが、11月の招集については「FIFA(国際サッカー連盟)カレンダーに沿って行われる代表活動になる。間違いなく(オルンガは)されるんじゃないかと思っている」と語った。

 実際に招集された場合は、帰国後2週間の隔離生活を強いられることから、長期離脱の見込みが高い。上位進出を狙える位置につけるチームに大きな影響を及ぼしそうだ。