【J1】横浜Mが逆転で4連勝!攻撃陣は4戦連続3得点をマーク

2020年09月27日 21時22分

 J1第19節の残り試合が27日に行われ、横浜Mはアウェーで柏と対戦。先取点を奪われながらも、逆転勝ちを収め、リーグ戦4連勝をマークした。

 横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(55)の「ボールを持っているときも持っていないときもアグレッシブなところを出せるように」との言葉通り、序盤から積極的な攻撃も見せたものの、ゴールが遠い展開が続いた。

 逆に、柏が前半40分にCKのチャンスを得ると、キッカーのDF三丸拡(27)が左足でクロスを供給。ペナルティーエリア内で待ち構えていたケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)に頭で合わされ、先制を許した。

 しかし、横浜Mもこのままでは終わらない。後半32分に日本代表FW仲川輝人(28)が一度奪われたボールを奪い返し、ペナルティーエリア右に送る。そこに走り込んだFWエリキ(26)が右足を振り抜き、試合を振り出しに戻した。さらに、同37分には相手のミスで勝ち越しに成功。同47分にも左サイドから駆け上がった仲川のパスにFW前田大然(22)が反応。右足で押し込み、試合を決定づけた。