キング・カズ ジーコのJ1史上最年長得点記録の更新なるか

2020年09月24日 11時00分

相手選手と激しく競り合うカズ

 キングが新たな金字塔を打ち立てた。J1横浜FCのキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53)は、2―3で敗れた川崎戦(23日)に今季初先発し、2012年にFW中山雅史(当時札幌)がマークした45歳2か月1日のJ1最年長出場記録を53歳6か月28日に更新した。

 2007年12月1日の浦和戦以来、4680日ぶりとなるJ1リーグ出場となったカズは、今季リーグ初先発でJ1最年長出場記録を更新した。

 元日本代表MF中村俊輔(42)や同MF松井大輔(39)ともに序盤から積極的な姿勢を見せると、前半37分には左サイドで自らが起点となってMF松尾佑介(23)へと好パスを提供。守備でも走り回ったが、無得点のまま後半11分に交代となった。元ブラジル代表MFジーコ氏が持つJ1史上最年長得点記録(41歳3か月12日)の更新は持ち越しとなった。

 カズは「中盤でボールをつなげたが、ペナ(ルティーエリア)付近の仕事が少なかったのは自分自身、物足りなかった。今日の経験をリーグ戦に生かしたいし、試合に出れるようにチーム内の競争で頑張らなければいけない」と力を込めた。記録更新については「クラブ、監督を含めたスタッフ、そして選手に感謝したい」と語った。

 試合は2―3で惜敗し、18年以降、カズが出場したJリーグ公式戦で11戦連続不敗という記録は途切れたものの、終盤は首位を走る川崎を追い詰めるなどチーム全体の士気を高める効果は健在。まだまだ頼れる存在として君臨してくれそうだ。