横浜FC・53歳カズが史上最年長J1出場記録更新! 視線は先へ「競争で頑張らなければ」

2020年09月24日 00時17分

声を張り上げるカズ。左腕にはキャプテンマークだ

 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良が23日、川崎戦(等々力)に先発し、53歳6か月28日のJ1史上最年長出場記録を樹立した。

 リーグ戦今季初のベンチ入りとなった名古屋戦(13日)では出番がなかったものの、リーグ初先発となったこの日は試合開始の瞬間に記録を達成。元日本代表FW中山雅史(52=沼津)が持つ45歳2か月1日の同最年長出場記録を大幅に更新した。

 2007年12月1日の浦和戦以来、4680日ぶりとなるJ1出場。キャプテンマークを巻いたカズは開始からアグレッシブにボールに絡んでいき、前半37分には自身が起点となりMF松井大輔(39)のシュートにつながるなど攻守に奮闘するが、無得点のまま後半11分にFW斉藤光毅(19)と交代した。ジーコ氏が鹿島時代に記録した41歳3か月12日のJ1最年長ゴール記録更新はならなかった。

 カズは記録更新について「クラブ、監督を含めたスタッフ、そして選手に感謝したい」。主将を任されたことには「(MF佐藤)謙介(31)も(DF)田代(真一=32)も先発していたので、本来ならキャプテンはどちらかだったが、2人が『僕に』と言ってくれた。そういう選手たちの気持ちも腕章に込めて、責任を持ったプレーをするつもりでグラウンドに立った」と明かした。

 さらに「中盤でボールをつなげたが、ペナ付近の仕事が少なかったのは自分自身物足りなかった」と語った上で「今日(23日)の経験をリーグ戦に生かしたいし、試合に出られるようにチーム内の競争で頑張らなければいけない」と改めて奮起を誓った。