浦和 FW興梠慎三 史上6人目の快挙「通算150得点」達成しクレヨンしんちゃんとの約束果たしたが…

2020年09月10日 15時13分

不満顔の興梠(左)としんちゃん

 史上6人目となる通算150得点を達成したJ1浦和の元日本代表FW興梠慎三(34)が記念弾にも不満顔だ。

 2―2で引き分けた鳥栖戦(9日、埼スタ)で興梠が“らしさ”を見せた。0―1で迎えた後半3分にMF関根貴大(25)が放ったミドルシュートのこぼれ球に素早く反応し、同点弾をマークした。「点が欲しいと思っていたので(テレビ)カメラがどこにあるかチェックしていた」と8月に“対談”したアニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけと約束したゴールパフォーマンスを披露した。

 ただ「個人的にはPKとこぼれ球以外で点を決めたいと思っていた」と節目のゴールにも納得していない様子。それでも「チームのために取れた1点なので、うれしく思う」と笑みを浮かべた。

 次の標的は、鹿島時代に2トップを組んだFWマルキーニョスの通算152得点超えだ。「僕の尊敬しているマルキーニョスを超すには3点。今シーズンの目標としてやりたい」と気合十分。現状に満足することなく今後もゴールを量産していく覚悟だ。